天体逃避行記

天体写真/天体観測/SF/宇宙

AdSense

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポトスライムの船

ポトスライムの舟ポトスライムの舟
(2009/02/05)
津村 記久子

商品詳細を見る
お金がなくても、思いっきり無理をしなくても、夢は毎日育ててゆける。契約社員ナガセ29歳、彼女の目標は、自分の年収と同じ世界一周旅行の費用を貯めること、総額163万円。第140回芥川賞受賞作。


芥川賞を受賞した『ポトスライムの船』が今月の文藝春秋に載っていたので買って読んでみました。
最近の芥川賞は話題性重視だとよく言われますが…、
確かに群像新人賞とダブル受賞となった『アサッテの人』とかシンガーソングライターとしても活躍する川上未映子の『乳と卵』、前回は初の中国人作家の受賞など、話題性がある作品が続いたことは間違いありませんが、どれもちゃんと読んでみればおもしろい作品ばかりです。

今回の作品も、非正規雇用労働者問題などがニュースで大きく取り上げられる世相を反映した作品、という意味では話題性のある作品だったと思います。
本屋さんのポップには「派遣労働、ワーキングプア世代の受賞!!」とか書いてありました

選評のところに石原慎太郎が「無劇性の劇」と書いていましたが、これがもっともよくこの作品を表していたと思います。
働くことや友人との関係や周りの人の離婚をめぐる話などがあって、主人公のナガセはいつもその人たちに深入りはせず、しかし疎遠にならずに関わっていく…
それらの日常が淡々と描かれています。

でも、ただ無劇というわけではなく
ポトスライムという観葉植物の話と、世界一周のクルージングのポスターの話が物語に平行して挿入されていく
このあたりがとてもうまい、というかおもしろいと思いました
タイトルを『ポトスライムの船』としたところに作者の意図を感じます

ちなみに作者の津村記久子という名前は初めて聞いたのですが、調べてみたら
2005年「マンイーター」で第21回太宰治賞を受賞。2008年『ミュージック・ブレス・ユー!!』で第30回野間文芸新人賞受賞。
と各賞を受賞しているみたいです

まあ時間があったらそっちのほうも読んでみようかなあと思います
スポンサーサイト

« マクロスゼロ|Top|鉄コン筋クリート »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dtuus.blog32.fc2.com/tb.php/102-c75e344a

ポトスライムの舟 津村記久子

お金がなくても、思いっきり無理をしなくても、夢は毎日育ててゆける。 契約社員ナガセ29歳、目標は、自分の年収と同じ世界一周旅行の費用...
EVANGELION STORE

TOWERRECORD

Top

HOME

DTUUS

Author:DTUUS
思いつきでふらふら、好きなことをして生きている学生です。
趣味:読書、芸術、建築、アニメ、ネット、スポーツ観戦、etc

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

この人とブロともになる

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。