天体逃避行記

天体写真/天体観測/SF/宇宙

AdSense

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画革命東京

さっき部屋の整理をしていたら、今年の春に行ったアニメフェア2009でもらったチラシがたくさん出てきました。でその中に「動画革命東京」がありました。

動画革命東京

これまで見たことのない、新鮮な映像体験、一瞬も目が離せないほどに、革新的なストーリー……
なにより、実写には真似できない、動画ならではの画面の爽快感。
そんなアニメーションの可能性を追求できる機会は、現在のアニメーション制作の現場において、非常に限られています。

「動画革命東京」 は、そんな 「動画」 本来のおもしろさを追求し、斬新な感覚に訴える、完全な 「オリジナル・アニメーション作品」 を生み出す機会を、個人・法人、プロ・アマを問わず提供します。

新たなアニメーションの歴史を切り拓く、才能のあるクリエーターを発掘し、「動画革命東京」 との、共同制作の機会をきっかけにして、ハリウッド・メジャー・スタジオなど、全世界規模の市場をターゲットにした、更に大きなスケールの作品を制作する機会を追い求めます。

                            <動画革命東京サイトより http://www.anime-innovation.jp/about/index.html>


そういえばこんなチラシもらったなあ…と思いつつ、ググってみたらかなりおもしろいことになっていたようです。。
この動画革命東京というプロジェクトは東京都の支援により誕生した事業だそうです。
こうゆうことをもっとやるべきだと思うんですよね。
アニメは産業的には非常に成功していますが、作品としてみたときに日本の文化として(オタク文化としてではなく)世界に誇れるクオリティをもった作品は数えるほどしかありません。
だからもっとクリエイターに場所を提供しよう、というのがこの事業の趣旨のようです。
最近話題になっている麻生総理の国営マンガ喫茶…ではなく(笑)国立メディア芸術総合センターも必要なものかもしれませんが、117億円もの税金を使ってでっかい“ハコ”を作るよりは、若手クリエイターを支援するほうがずっとスマートな方法だと思います。

さて、
その動画革命東京のプロジェクトのなかで気になった作品があったので紹介しておきます。
宇木 敦哉のセンコロールなんですが…これがすごい。。
youtubeに公式の動画があったので貼っておきます。



サイトの説明には「ハイクオリティ・セルアニメ作品」と書いてありましたが、まさにハイクオリティ!
最近、3DCGアニメへのアンチテーゼとして、とんでもない力のある手描きアニメが増えていますが、これもそのうちの一つだと思います。
大友克洋を彷彿とさせますね。『AKIRA』もものすごい作画でしたが、あれは10億かかってますから…本当に完成するのか心配なのと、完成したらすごいアニメが誕生するという期待が半分半分といった感じです。とにかく、センコロールはアニプレックスの全面バックアップが決定したので、いまから公開が待ち遠しいです!



センコロール(cencoroll)公式サイト
http://www.cencoroll.com/
スポンサーサイト

田中宏紀

このブログで一人のアニメーターに絞ってエントリを書くのは初めてですが…、あまりにも衝撃的だったので書きます。
さっきストライクウィッチーズの10話を見ていて、一人だけすごいアニメーターがいるなあなんて思って調べてみたら田中宏紀の名前がヒットしました。
最近注目の若手アニメーターみたいですね。

田中宏紀(作画@wiki)

ぼくが見たのは10話のBパートで人型のネウロイとウィッチーズの戦闘シーンだったんですが、1カットであそこまで見せるアニメーターはなかなかいません。
GONZOのヘタレ作画に混じっているから、なおそこだけ目立ってすごいシーンに仕上がっています。

ググっていると、髪の毛の動かし方が特徴的なアニメーターだといわれてるそうですが、カメラワークもエフェクトも天才的ですよね。
タイミングがあまり好きではないですが…ヌルっとした感じというか…
いずれにしても今後の活躍とさらなる成長に期待したいです!

youtebeにまとめ動画が上がっていたので張っておきます
できればHQ画質で見ることをお勧めします





交響詩篇エウレカセブン : ポケットが虹でいっぱい

交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい [DVD]交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい [DVD]
(2009/06/26)
三瓶由布子名塚佳織

商品詳細を見る
これはレントンとエウレカの、もうひとつの物語――。
運命は、レントンとエウレカの小さな恋を試すように試練を与える。そしてイマージュとの最終決戦が迫る中、二人は神話の扉を開く!


『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』を見に行ってきました。

劇場版始まる前にTV版エウレカを全話見ようと思っていたのですが、結局見終わらないまま映画館へ…
でもあんまり関係なかったようです。
TV版とはほとんど別のストーリーでほぼ全部新作カットでした。

率直な感想は
「なんのこっちゃ…」笑

これはTVアニメ版を見ていなかったからではないようです。
一緒に見に行った友達もよくわかっていませんでした。

でも、ぼくは何回も見かえしてはじめて真意がわかるようなアニメが好きなので、この感じはとても好きだと思いました。
もう一度映画館に行くか、DVDが出たら買おうと思います。

作画的にはさすがボンズ!という感じで、すごかったです。
特に空中戦なんかは圧巻でした。メカに3DCG使わないのに、あそこまで動くアニメは最近少ないですね。
ただ、ボンズの戦闘シーンは速すぎて見えない…笑
この辺はDVDでコマ送りで見たいと思いました。速い戦闘シーンはコマ送りで再生すると、びっくりするくらい枚数さいていることがよく分かります。

エウレカは作品にオマージュが散りばめられているのも特徴ですが、劇場版でもそれは多く見られました。
作画では細田アニメの赤線で輪郭を描く手法や、板野一郎の納豆ミサイルもオマージュだったと思います。

あと今回の劇場版で特筆すべきは、エウレカがかわいかったことですね笑
最初から最後までエウレカ萌えでした笑

自作PC(準備編)

自作PCを作ってみました!
構想3ヶ月。パーツ集めに3ヶ月。制作に1週間。
初めての自作だったので大変なことやトラブルは多々ありましたが無事に完成しました。
このエントリでは自作PC完成までの軌跡を記したいと思います。


①自作PCについての勉強

自作をしようと思っても何から手をつけていいのかよく分らないので、とりあえず本屋さんでそれらしい本を買ってきて、自作PCについて勉強することから始めました。



本屋さんに行けばかならずパソコン関係のコーナーがあるので、そこにたいてい置いてあります。とくにWinPCの本がお勧めです。写真が多いので初心者にも分かりやすく、なおかつある程度自作PCに詳しくなった人にも重宝する本が多いです。


②パーツ選び

これは自作PCをする上でもっとも重要なフェーズです。一度自作した人ならわかると思いますが、実際にパーツを組み立てる作業はそれほど難しいことではありません。買ったパーツを繋げていくだけなんです(やることは多いので大変ではありますが…)。それよりも、どこにどのパーツを使うかということを考えることが重要です。
自作PCの一番おもしろいところでもありますね。

以下に自作PCに必要なパーツと、選ぶ順番を書いてみます

1.CPU

2.マザーボード

3.メモリ、グラフィックスボード

4.各種ドライブ(ハードディスク、DVDドライブ等)

5.電源ユニット

6.ケース、その他(モニター、マウス、キーボード等)

これはCPUを中心に考えた選び方です。もちろん他の方法もあると思いますが、僕はこんな感じに選びました。

PCの性能を決めるもっとも重要な部分はCPUです。CPUのクロック(演算スピード)が高ければ高いほどタスクを速く処理できます。CPUが決まってくればマザーボードもだいたい絞られてきます。マザーボードはCPUの規格に合わせて設計されているので、Intel製のCPUかAMD製のCPUかで大きく分かれます。
ぼくはCPUにIntelのCore i7を選んだので、LGA1366という規格のマザーボードに絞られて、ずいぶん選びやすかったです。

次にメモリとグラフィックスボードをもってきたのは直接マザーボードに挿すからで、各種ドライブより先に選ぶ意味はとくにありません。でも、PCの性能を決める意味ではこの2つはとても重要です。
CPUのクロックが演算のスピードを決めると先ほど言いましたが、それに対してメモリの容量で一度に演算できる量が決まります。だからCPUのクロックが高いだけでは、一度に多くのタスクを処理しなければいけないときに役に立ちません。だからそれなりに容量のあるメモリを積まなければいけないのです。
グラフィックスボードはモニターへの出力時に意味を持ちます。3DCGを扱うソフトやゲームをする場合はそれなりのグラフィックスボードを積む必要があるし、きれいな映像を見たい場合にも同様のことが言えます。

ドライブはケースのベイ(ドライブの挿入口)の数によってもきまりますが、最低限HDD(ハードディスクドライブ)とDVDドライブは必要です。
HDDは今どんどん低価格化がすすんでいます。1TBで7,000円台の商品があるからびっくりですよね。
DVDドライブもバルク品(箱なしの商品)なら5,000円程度で買えますが、いまならBlu-rayドライブが買い時かもしれません。安いものなら読み書き対応で17,000円くらいで買えます。

パーツ選びで一番やっかいなのが電源ユニットかもしれません。
この段階でだいたいどんなパーツ構成で自作するか決まっていないと、全く見当もつけられません。
電源ユニットはそれぞれのパーツがどれくらい電力を消費するのかを考えた上で選ばなければいけないからです。
それなりにスペックの高いパーツで構成すれば、それだけ多くの電力を消費することになります。
しかし、初めて自作する僕にはなにがどれだけ電力を消費するかなんてまったくわからないので、とにかく本やらサイトやらで情報収集しまくりました。
が、実はいまだによくわかってません…。今積んでる電源ユニットがはたしてちゃんと機能しいるのやら(笑)

最後にケースを選びます。ケースはかっこいいのを選びましょう(笑)
一番目につく部分ですからね。そりゃかっこいいほうがいいにきまってます。
もちろん静穏性や通気性なども、ある程度考えなければいけません。ケースによってそれぞれ“売り”にしている部分が違うので、その辺もチェックしておくとより良いと思います。

最後に「その他」という項目でモニター、キーボード、マウスをまとめてしまいましたが、出力と入力の重要なインターフェースデバイスなので、これらがなければ自作PCは完成しません。
モニターやキーボードは意外と値段がするもので、ついつい安いものを選んでしまいがちですが、できるだけ高性能のものを買うことをお勧めします。

上の表にはあえて書きませんでしたが、OSを選ぶのも重要です。
OSとはWindows XPとかWindows Vistaとかのことです。ちなみに自作PCにMacはほとんどありません。Mac OS Xの場合自作のハードウェアにインストールするとライセンス違反になるからだそうです。Linuxはたぶんいけると思いますがあれはよくわかりません…
というわけで基本的にはWindowsです。WindowsのOSでXPにするかVistaにするかですが、未だにXPにこだわっている人もいますが、今買うならVistaで決まりだとおもいます。またVistaのグレードもいろいろありますが、Home Premiumで間違いないと思います。Vistaの特徴であるAeroが使えるし、ある程度のことはこれで充分です。
問題は32bit版にするか64bit版にするかということ。
これはぼくもかなり迷いました。32bit版ではメモリが4Gまでしか対応していませんが、64bit版ならそれ以上のメモリに対応できます(上限はグレードによって違う)。しかし、64bit版だと動かせないソフトがあるそうです…。結局ぼくは32bit版にしました。64bit版はもう少し普及してからにします。

それから、自作PCをするならOEM版という言葉を覚えておくと良いです。
OEM版はマイクロソフトが本来メーカーに出荷する商品のことで、自作ユーザーならどれかのパーツと一緒に購入することができます。OEM版はパッケージ版のほぼ半額で買えますが、マイクロソフトのサポートが受けられないというデメリットもあります。でもまあ、問題は自分で解決するのが自作PCですから、OEM版を選んでおいたほうが良いでしょう。


③パーツを購入する

パーツを選んだら購入です。
ちゃんと買うものを決めてから店に行くなり通販でたのむなりしましょう。いきあたりばったりでパーツを買っているとたいへんなことになりますよ(笑)

パーツの購入はとにかく情報戦です!
価格.comで調べるのは当然ですが、価格.comに登録されていないサイトで安いところもけっこうあるので自力で探しましょう。
それから、ネットの価格よりも秋葉原などで現地調達のほうが安いと思っていたほうがいいです。
ネット販売はどうしても送料がかかりまからね。しかも、アキバのパーツショップの価格競争は熾烈を極めています。とくに週末なんかに一気に値段が下がることが多くて、その辺が狙い目です。
幸い、アキバのパーツショップは1か所に集まっているので探しやすいと思います。
あとはこまめに価格をチェックすることも重要です。出たてのパーツは少し待てば安くなることが多いですし、○○製品キャンペーンとかをやっていて安く手に入る可能性もあります。

以下に安いパーツショップのURLを載せておきます

ドスパラ:http://www.dospara.co.jp/top/
クレバリー:http://www.clevery.co.jp/
T-ZONE:http://www.tzone.com/diy/index.jsp
ツクモ電機:http://shop.tsukumo.co.jp/
TWO TOP:http://www.twotop.co.jp/
Sofmap:http://www.sofmap.com/

ぼくはこの辺のショップに通いつめましたね。全部アキバの同じ場所に集まってるので、便利ですよ。
あとはネット販売で人気のあるのが

Faith:http://www.faith-go.co.jp/
パソコン工房:http://www.pc-koubou.jp/

とかだと思います。利用してみてください


さて
かなり長くなりましたが(汗)
準備編はここまでです。
つぎは組立編ということで、実際に自作PCができる過程を紹介していきたいとおもいます。

EVANGELION STORE

TOWERRECORD

Top

HOME

DTUUS

Author:DTUUS
思いつきでふらふら、好きなことをして生きている学生です。
趣味:読書、芸術、建築、アニメ、ネット、スポーツ観戦、etc

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

この人とブロともになる

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。