天体逃避行記

天体写真/天体観測/SF/宇宙

AdSense

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポトスライムの船

ポトスライムの舟ポトスライムの舟
(2009/02/05)
津村 記久子

商品詳細を見る
お金がなくても、思いっきり無理をしなくても、夢は毎日育ててゆける。契約社員ナガセ29歳、彼女の目標は、自分の年収と同じ世界一周旅行の費用を貯めること、総額163万円。第140回芥川賞受賞作。


芥川賞を受賞した『ポトスライムの船』が今月の文藝春秋に載っていたので買って読んでみました。
最近の芥川賞は話題性重視だとよく言われますが…、
確かに群像新人賞とダブル受賞となった『アサッテの人』とかシンガーソングライターとしても活躍する川上未映子の『乳と卵』、前回は初の中国人作家の受賞など、話題性がある作品が続いたことは間違いありませんが、どれもちゃんと読んでみればおもしろい作品ばかりです。

今回の作品も、非正規雇用労働者問題などがニュースで大きく取り上げられる世相を反映した作品、という意味では話題性のある作品だったと思います。
本屋さんのポップには「派遣労働、ワーキングプア世代の受賞!!」とか書いてありました

選評のところに石原慎太郎が「無劇性の劇」と書いていましたが、これがもっともよくこの作品を表していたと思います。
働くことや友人との関係や周りの人の離婚をめぐる話などがあって、主人公のナガセはいつもその人たちに深入りはせず、しかし疎遠にならずに関わっていく…
それらの日常が淡々と描かれています。

でも、ただ無劇というわけではなく
ポトスライムという観葉植物の話と、世界一周のクルージングのポスターの話が物語に平行して挿入されていく
このあたりがとてもうまい、というかおもしろいと思いました
タイトルを『ポトスライムの船』としたところに作者の意図を感じます

ちなみに作者の津村記久子という名前は初めて聞いたのですが、調べてみたら
2005年「マンイーター」で第21回太宰治賞を受賞。2008年『ミュージック・ブレス・ユー!!』で第30回野間文芸新人賞受賞。
と各賞を受賞しているみたいです

まあ時間があったらそっちのほうも読んでみようかなあと思います
スポンサーサイト

鉄コン筋クリート

鉄コン筋クリート (通常版) [DVD]鉄コン筋クリート (通常版) [DVD]
(2007/06/27)
二宮和也蒼井優

商品詳細を見る
松本大洋の同名漫画を『アニマトリックス』のマイケル・アリアス監督とスタジオ4℃が映画化。不穏な動きが見え始めたヤクザの街・宝町を根城にする“ネコ”と呼ばれるふたりの少年が、生き残りを賭けた反逆を開始する。二


昨日の夜テレビで、鉄コン筋クリートをやっていたので、最後まで見てしまいました。

すごかった…
正直な感想です
いや、「どうせ最近流行のお洒落アニメだろ」とか思って見ていたんですが
本気のアニメでしたね笑

背景美術をとにかく描きこんでいたし
建物を3D CGIで表現して、アングルを自由に動かしてる感じとかがすごくかっこよかったです。
なにより世界観がいいですよね。
薄汚れた街並みの感じとか、退廃的な雰囲気とか、それをちょっと過剰に表現して独特の世界観を構築しています。
それから、抽象的なイメージと現実的な世界がごちゃまぜに描かれているところとか、エヴァっぽくて好きでした。
ストーリーもおもしろいし、これはすごい映像作品だなと、、いまさらですが。。
ベルリン国際映画祭にノミネートされたのもうなずけます。

昨日はあまり集中して見ていなかったので
今度DVDを買ってじっくり見直してみようと思います。

春一番

春一番
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

春一番(はるいちばん)とは立春から春分の間に、その年に初めて吹く南寄り(東南東から西南西)の強風の事である。主に太平洋側で観測される。春一番が吹いた翌日は西高東低の冬型の気圧配置となり、寒さが戻ることが多い。


今日、春一番が吹いたそうです。
風が冷たくなくて心地よかったです。

季節の匂いってぼくはあると思うんですけど…
今日は春の匂いがするなあ、って思ったら、そういえばニュースで春一番のことを言ってたのをおもいだしたんです。
春の匂いをかいだら、昔のことをいろいろ思い出してしまいました。
春はいろんなものが変わっていく季節ですからね、記憶も鮮明に残っています。

実は嗅覚は、五感の中でもっとも原始的な感覚です。
だから、寝ているときに嗅いだ匂いによって夢の内容が変わると聞いたことがあります。
嗅覚と記憶は結びつきやすいのかもしれませんね

ちょっとセンチメンタルな話になってしまいましたが…(笑)
とりあえず、春一番が吹いた翌日は寒くなるらしいので、十分に気をつけてください!

攻殻機動隊

攻殻機動隊 (1)    KCデラックス攻殻機動隊 (1) KCデラックス
(1991/10)
士郎 正宗

商品詳細を見る
緻密な物語構成と卓越した画力、そして膨大な情報量で大ヒットとなった士郎正宗の作品。また、日本における数少ないサイバーパンクの作品である。


やっと読み終わった…という感じです。疲れました(笑)
とにかく情報量がハンパじゃないです。そして、それぞれの描写が実に緻密です。読み応えのある作品ですね。
欄外の説明書きが多いです。途中からその部分は無視して読み進めてしまったのですが…
たぶん一回読んだくらいじゃ、作品全体の7割くらいしか理解していないと思います。

SF作品は基本的には未来の話なので、非現実的な描写が多い分、その作品に入り込むのに時間がかかります。
だから最初で挫折してしまうと、読むのをあきらめてしまうケースが少なくありませんでした…
攻殻機動隊も最初はまったくついていけなかったのですが、作品の世界観がしっかりしているから最後まで読むことができたし、いい感じの読後感があって何度も読み返したくなる作品でした。

攻殻機動隊を説明する上でもっとも重要なのはゴーストという概念だと思いました。
英語のタイトルが『THE GHOST IN THE SHELL』だし、それは間違いないと思います。
ゴーストの説明はwikipediaにいいのがありました


ゴースト
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

あらゆる生命・物理・複雑系現象に内在する霊的な属性、現象、構造の総称であり、包括的な概念である。作中においては主に人間が本来的に持つ自我や意識、霊性を指して用いている。
要約すると人間の肉体から生体組織を限りなく取り除く、あるいは機械で代行していった際に自分が、自分自身であるために最低限必要な物、又はその境界に存在する物こそゴーストであり、生命体の根源的な魂とも表現できる。しかし厳密な意味ではゴーストは構造や複雑さ、効果において同一ではない包括的な概念であり、その構造や機能で人間のゴーストと区別しなければ森羅万象にゴーストはあるとされている。
なお作中においては脳科学や電脳化、霊能者の研究が進み、一般的に認識されるようになっている。


作品中ではアンドロイドやサイボーグ、AI、電脳化された人間が混在する社会が設定されているから、「自分が、自分自身であるために最低限必要な物」がないと、個体を区別できません。
それがゴーストだというわけです。
この辺は攻殻機動隊を読んだことのない人にはさっぱりわからないかもしれませんが…
つまり、体のパーツを簡単に変えられて、脳をネットに直接つなげて、プログラムも書き換えられるような世界では、何をもって「自分」を規定するかといったときに、自我や意識などの総体であるゴーストという概念を使うということです。
この概念がTHE GHOST IN THE SHELL(殻の中のゴースト)を指しているというわけです。

とりあえず一回目はそれくらいのところまでしか、読み取れませんでした…
士郎正宗はゴーストを描くことで未来の人間の姿を描こうとした、というところまでです。
次はもっと深く読み込んで行きたいと思います
草薙素子と人形使いの融合のところもかなり重要なシーンだと思うのでその辺も…

最近、押井守が監督した劇場版のリメイク、攻殻機動隊2.0も公開されました。
こっちもちゃんと見ようと思います



すんドめ

すんドめ 1 (1) (ヤングチャンピオンコミックス)すんドめ 1 (1) (ヤングチャンピオンコミックス)
(2006/11/20)
岡田 和人

商品詳細を見る
地球上で2人きりになったとしても、君とだけは絶対にSEXしない。いくら泣いて求めても、あたしが君を射精させる事は絶対にないよ。(作品中より抜粋)


『すんドめ』を6巻まで読みました!


地球上で2人きりになったとしても、君とだけは絶対にSEXしない。
いくら泣いて求めても、あたしが君を射精させる事は絶対にないよ。
(作品中より抜粋)



裏表紙にこんな衝撃的な文章が載っている漫画に、ぼくはかなりはまってしまいました(笑)
でも、これがただのエロ漫画ではないんです。

タイトルとこの台詞がしめす通り、この漫画はエロの“寸止め”です。
早華胡桃という女の子が一線を越えるギリギリのところで主人公を誘惑します。
これが、ただやってるだけの即物的なエロ漫画よりよっぽどエロいと思いました。

そしてストーリーがおもしろい!
ほんとによくできた話だと思いました。
ときに文学的な表現があったり、早華胡桃の弱い部分が少しずつ描かれて、それを必死に助けようとする主人公の愛があったり…
あと、ギャグもおもしろいです笑
作画はうまくはないですが、ヘタウマというか、、胡桃がすごくエロく描かれています。

ぼくは作品をより魅力的なものにするために、エロの表現は欠かせないと思っています。
文学作品や美術作品にもエロの表現は欠かせません。
やはり人間の本能的なところに訴えるものがあるんでしょうね

『すんドめ』を文学だとか芸術だとかいうつもりはありませんが
エンタテイメントの作品で、エロを主体にしていて、ここまで魅せてくれる作品も珍しいなと思いました。

ま、結局のところエロ漫画なので…あまり積極的にはおすすめしないです笑
退屈なエロに飽きた男性には…是非!



すんドめ:Amazon.co.jp

EVANGELION STORE

TOWERRECORD

Top

HOME

DTUUS

Author:DTUUS
思いつきでふらふら、好きなことをして生きている学生です。
趣味:読書、芸術、建築、アニメ、ネット、スポーツ観戦、etc

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

この人とブロともになる

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。